東京から?名古屋から?白樺高原へのアクセス方法について解説

今シーズンの冬、スキー場でウィンタースポーツを楽しみたいと思っている人はいませんか?日本全国にスキー場がありますが、白樺高原は人気スポットとして広く知られています。白樺高原に今度初めて訪れる人のために、東京と名古屋からのアクセス方法について以下で詳しく見ていきます。

東京からのアクセス方法

・車でアクセスする場合
東京から車で向かう場合、まず東京調布インターチェンジから中央自動車道に入ります。そして諏訪南インターに来たところで高速を降ります。エコーラインといわれる国道152号線を進むと40分ほどで白樺湖に到着できます。そこから10分くらいで白樺高原にたどり着きます。

東京練馬インターチェンジから関越自動車道に乗るパターンもあります。そこから上信越自動車道に乗り換え、佐久インターで降ります。国道142号線を立科町芦田に向かい、ここで県道40号線に移動します。そのまま進むと白樺高原にアクセスできます。

・電車でアクセスする場合
電車で向かう場合、東京駅から北陸新幹線に乗って、佐久平駅で降ります。そこからバスが出ているので、白樺高原行きのものに乗車しましょう。新宿駅から向かうのであれば、中央本線で茅野駅で降ります。そこから出いている白樺湖行きのバスに乗ります。白樺湖で降りると、宿の送迎バスが出ているのでこちらに乗って白樺高原に到着する方法もあります。

名古屋からのアクセス方法

・車でアクセスする場合
名古屋から向かうのであれば、小牧ジャンクションから中央自動車道に乗ります。そして諏訪インターに到着したら高速を降ります。そこからビーナスラインに乗って芦ヶ沢に向かい、今度は大門街道で白樺湖まで行きましょう。

・電車でアクセスする場合
名古屋駅から中央本線に乗り、塩尻で乗り換えます。茅野市駅で降りましょう。そこからバスに乗って白樺湖に向かいます。さらにバスを乗り換えて、白樺高原にアクセスしましょう。

まとめ

白樺高原までは上で見たように東京からも名古屋からも車や電車などでアクセスできます。渋滞に巻き込まれることなく順調に進めば、車で東京からも名古屋からも2~3時間で到着できます。決して遠くはないので、今シーズンウィンタースポーツを家族や仲間と一緒に楽しみたいと思っているなら、白樺高原に行くのも一つの選択肢です。白樺高原は冬場のほかにもピクニックやハイキングを楽しむにも適したスポットです。季節によって、さまざまな楽しみ方ができます。

Related Post