初心者がスキーを始める際のポイントと注意点

これからスキーを始めようと思っている方の中には、どうしても「難しそう」「怖い」というイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思います。今回は、そんな不安を抱えている方向けにお話をさせていただきます。

初心者がスキーを始める際のポイント

いきなり滑るのは怖いと思いますし、実際危険なので、まずはスキー板で歩く練習をしましょう。歩き方には「横歩き」と「ハの字歩き」がありますが、初心者の方は、まず横歩きにトライしてみるのがおすすめです。横歩きは斜面にスキー板を食い込ませるように歩く方法で、ハの字歩きより難易度が低いです。横歩きに慣れてきたら、ハの字歩きに挑戦してみましょう。ハの字歩きは、スキー板の内側に力を入れるようにして歩くと上手くいきやすいです。

歩くのに慣れてきたら、滑りたい気持ちを抑えて、先に「ボーゲン」という止まり方を覚えましょう。なぜなら、止まり方を知らずに滑るのは危険だからです。ボーゲンとは、内股をするようにして、スキー板の側面を前に向けてブレーキをかける方法です。しっかり踏みとどまる感覚が身につくまで繰り返してください。

ボーゲンを習得したら、いよいよ滑る練習に入ります。まずは初心者向けの緩やかなコースで練習してください。いきなりスピードが出すぎないよう、ボーゲンを使いながら滑りましょう。初心者のうちは周りを見ながら滑るのが難しいと思いますので、なるべく人の少ないスペースで練習するとより安全です。滑るのにも慣れてきたら、スピードを上げたり、ターンなどのテクニックに挑戦したりするのもいいですが、くれぐれも無茶はしないでください。

初心者がスキーを始める際の注意点

まず気を付けるべきなのが、ゲレンデマナーです。なぜなら、マナーを守らないと思わぬ事故やケガにつながる危険性があるからです。例えば、スキー板を横向きにして持ち運ばないことや、スキー板を置くときは決まった場所に立てかけて置くことなどが最低限のゲレンデマナーとして挙げられます。ゲレンデマナーをしっかり守ることによって、あなたも他の利用者の方々も安心してスキーを楽しむことができます。

次に、注意点として無茶をしないことが挙げられます。これも事故やケガを防止するためです。例えば、滑るのに少し慣れてくるとどうしてもスピードを出したくなったり、ちょっとしたテクニックに挑戦したくなる気持ちが出てきたりしがちです。しかし、少し慣れてきた段階でいきなり無茶をしてしまうと、ケガにつながる危険性や、他の利用者との事故を起こしてしまう可能性が高くなります。ですから、あくまで謙虚な気持ちを、少しずつレベルアップしていくことを心掛けましょう。

まとめ

これからスキーを始める初心者の方であっても、今回ご説明させていただいたポイントや注意点に気を付けていただければ、安心して楽しめるはずです。ご参考になれば幸いです。

Related Post