タイトル:白樺高原で春を満喫できるおすすめの観光スポットを紹介

四季折々の風景が楽しめる白樺高原。日本有数の観光道路の一つビーナスラインでのドライブや、白樺湖、女神湖などお子さまから大人まで家族で楽しめるスポットが多く人気の観光地です。

今回は春におすすめの観光スポットを5つ紹介していきます。

1.ビーナスラインでのドライブ

長野県茅野市から美ヶ原までをつなぐ日本有数の観光道路の一つです。春から秋まで四季折々の花々や緑を望みながらドライブを楽しめます。途中には展望台があり、そこからの景色は圧巻の一言です。4月下旬から11月中旬に利用可能となり、冬の期間は通行止めとなるので注意が必要です。通行止めの期間はビーナスラインの公式サイトで発表されていますので確認ください。(公式サイト:https://www.venus-line.net/)

2.白樺湖

白樺湖は八ヶ岳中信高原国定公園内にある人工湖です。車山高原や蓼科山を一望でき、池の周りには遊歩道が整備されているので散歩やランニングを楽しむことができます。

春には白樺湖畔に水仙が咲いています。冬の季語でもある水仙ですが、春先に咲く品種も多くあり白樺湖でも見頃を迎えます。

また、白樺湖は標高が高いため4月の終わり頃でも桜を見ることができます。

3.お子さま連れに池の平ファミリーランド

お子さま連れにおすすめなのが「池の平ファミリーランド」です。遊園地ですがアトラクションは子供向けとなっており、東京ドーム11個分の広大な施設内には動物と触れ合えるエリアもあります。大人の方にはレイクサイドガーデンで花を鑑賞したり、3種類の美術館でゆったりとした時間を過ごせます。

4.女神湖

白樺湖と同じ人工湖で白樺高原にある湖の一つです。春には湖周辺でザゼンソウを咲き、高原ならではの高原植物を多く観察することができます。

また白樺高原周辺にはパワースポットが数多くあり、この女神湖もその一つ。貸しボートやカヌーなどの水上アクティビティを楽しむことができ、湖周辺を散歩したりと静かな時間を過ごすことができます。

5.女神のそらテラス1830

2018年オープンし比較的新しくできた観光スポットです。標高1830メートルにあり、テラスからは白樺高原の絶景を一望できます。テラスの利用は15分から20分となっているのですが、芝生の部分はレジャーシートOKなので、持参するのがおすすめです。

ふもとには「蓼科ふれあい牧場」があり、羊・ポニー・ロバ・ミニブタ・ウサギなどの可愛らしい動物を見ることができるので、お子さまづれでも楽しめるスポットです。

まとめ

白樺高原の春におすすめの観光スポットを紹介してきました。四季折々の高原植物を鑑賞でき、ゆっくりとした大人な時間から、お子さま向けのレジャー施設や牧場まである白樺高原。1日では回りきれないほどの観光スポットが多くありますので何度も訪れても新しい発見に出会えることでしょう。

春とはいえ白樺高原は標高が高いので、4月とはいえ平均気温は15℃前後と涼しくなりますのでしっかりとした上着があると安心です。

ぜひ一度、白樺高原に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Related Post